Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D

割引価格でCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 60Dを購入する.安い Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D
>>>商品の評価・レビュー・口コミ・詳細はコチラ



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D特別価格


参考価格: ¥ 128,000 | 価格 : Special Offer << Save : ¥ 66,000 (52%)

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60D


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 60Dレビュー

EOS初の3.0型バリアングル&約1800万画素搭載、EOS 60D
   視点や姿勢が自由に表現できるEOS初のバリアングル機能搭載。
   約1800万画素、さらに撮影した画像に処理を加えてフィルター効果を楽しめる。
   最高記録画質RAWで撮影した画像をカメラ内で現像できたりと、さまざまな機能を濃縮したデジタル一眼レフ

約1800万画素CMOSセンサー
   有効画素数約1800万画素CMOSセンサーを搭載。デジタル一眼レフカメラならではのボケ味も美しく表現。被写体のディテール、光の微妙なニュアンスまでも忠実に描写。息をのむ解像感、階調性を実現。またCMOSセンサーの集光効率を向上させることで、高感度での高画質化を達成。

常用ISO感度100~6400、手持ち撮影の可能性を広げる高ISO感度
   高感度で撮影しても、低ノイズで美しい画像に仕上がるのはデジタル一眼レフカメラならではの魅力。それは大型CMOSセンサーが、より多く光をとり込むことができる。EOS 60Dは、常用ISO感度100~6400を実現。暗いシーンはISO感度を高く設定することで、速いシャッター速度で撮影可能。室内や夕暮れ時でも、手持ち撮影での手ブレや被写体ブレのリスクを和らげることができる。ISO感度拡張により、ISO12800での高感度撮影も行える。

プロ機に迫る視界を実現、高倍率、約96%ファインダー
   ファインダー撮影は、一眼レフカメラの基本。ファインダー性能が優れているほど、撮影の快適性は高くなる。キヤノンはファインダー性能の向上を常に追求。EOS 60Dの視野率は、約96%を実現。プロ機に迫る「見え」を実現。倍率は約0.95倍という高次元を達成。ファインダーの中をすみずみまで、快適に視認することができる。

防塵・防滴構造、作動耐久約10万回のシャッター性能
   EOS 60Dは、防塵・防滴構造を採用。電池室やカード挿入口にシーリング処理を施し、水滴やほこりが侵入しにくい機密性の高い構造に。また、シャッターは、耐久性と安定性のある縦走りフォーカルプレーン式全速電子制御メカシャッターを採用。約10万回のレリーズテストをクリアした高耐久力。

EOS初のバリアングル機能
   ライブビュー撮影/動画撮影を、より快適にする新機能バリアングル。人の頭越しにある被写体を撮る、子供や動物の目線で撮る、花や昆虫をベストポジションで撮る。液晶モニターの角度を細かく調整できるので、状況に合わせてベストショットが狙える。ローアングル、ハイアングル撮影も、より自由な姿勢で快適に楽しむことができる。また、アングルの切り換え、三脚やバッテリーグリップ装着時でもアングル変更の自由が損なわれないよう、横開きスタイルを採用。



ワイド3型クリアビュー液晶
   縦横比3:2のワイド3型・約104万ドットのクリアビュー液晶を採用。モニターの縦横比3:2は、撮像素子(CMOSセンサー)と同じ比率なので、一般に多い4:3よりも大きく表示できる。約104万ドットの高精細なので、ライブビュー撮影時や再生時に映像を拡大しても美しさを保つ。斜めからでも見やすい約160°(上下左右)の視野角に加え、光の反射を抑える3層の反射防止コートを3面に実施。汚れを防止するフッ素コートも施されている。画面の明るさは、7段階から調整できる。

ファインダー撮影からクイック切り換え、ライブビュー撮影機能
   風景やポートレートなど静的な被写体、クローズアップで撮りたい小さな被写体。ライブビュー撮影機能は、じっくりと構図を決めて撮影する時に有効な機能。EOS 60Dのライブビュー撮影機能は、ファインダー撮影からスムーズにライブビュー撮影にスイッチできる快適設計。カメラの背面のファインダー接眼部右横に「ライブビュー撮影/動画撮影」ボタンを設置。ワイド3型バリアングルクリアビュー液晶モニターで快適なライブビュー撮影が楽しめる。

思い描く写真の仕上がりを、表現セレクト機能
 「イメージ通りの写真を撮るための設定をより簡単に実現する「表現セレクト機能」を搭載。撮影モードの「かんたん撮影ゾーン※1」で、撮りたい写真のイメージ(雰囲気)と、明かりや状況※2を選ぶだけ。あとは、カメラが露出やホワイトバランス、ピクチャースタイルなどを効果的に設定。細かな機能の設定は不要。初心者でもすぐに手軽によりイメージに近い写真を撮ることができる。



※1 「全自動」モード、「ストロボ発光禁止」モードでは設定できません。
※2 「クリエイティブ全自動」モード、「夜景ポートレート」モードでは設定できません。

撮った写真を、好みの表現に、アートフィルター機能